大学受験と自由英作文。(旧:自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

2020年、コロナ禍での国際スポーツイベント

f:id:happy_money:20200806010331j:plain

 

 

今回は電気通信大学2019年度の入試より。

いまこそ、これを考えるべきかな?

と思ったので書いてみました。

 

 

 

 

お題はこれです。

 

 

Do you think that international sporting events help to support world peace?  Why or why not? 

少なくとも二つの理由を挙げて

英語で具体的に答えよと

指示があります。

 

 

 

 

コロナ禍のいま、延期になった

東京五輪どころか地域予選の開催も

危ぶまれています。

すでに「商業五輪」と言われ、

多くの業種を巻き込んだ

一大観光イベントとなってしまった

オリンピック。

「出場することに意義がある」と

言われた平和主義は、

いまだ国際スポーツイベントに

息づいているのでしょうか?

それとも・・・

すでに大義名分と

化しているのでしょうか?

 

 

 

今回、私は、否定的な立場から

書きました。

もしかしたら肯定的な立場から

答案を作ればもっと書きやすいの

かもしれないけれど。

 

 

 

   In my opinion,

international sporting events

don't always help to support

world peace.  First, certainly it is

precious to see athletes

from different parts of

the world competing;

but in fact their results

would rather make

their nationalities stronger

than contribute to world peace.  Competing in international

sporting events can divide

people who are watching

them, causing some people

to feel angry, or making them

have negative feelings

toward a particular

country or area.  There

seems to be an assumption

that world peace means

the time when all the people

regardless of their nationalities

can enjoy sports, but actually

athletes and audience

cannot play and enjoy

their sports without their

nationalism.  Next, athletes

have to get supports from

their nations.  This means

the stronger their nation is

and the more money it can

invest in athletes, so athletes

can get a bigger chance

to win in the events.  That is,

performance of athletes

can depend on their

nations' economic power. 

This trend cannot get along

with world peace.  

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村