自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

春から過去問演習に振り回されるな

 

    f:id:happy_money:20180417195315j:plain

 

 東京大学2018年度入試の英作文に、久しぶりに和文英訳が出題されました。その変更がネットでよく扱われているようですが、実は見てほっとするレベルの出題内容でした。率直にいって、形式が変わったからといってパニックになったり文句いったりする人は激チョロで落ちますね。大学合格に最も縁遠いというか・・・

 



他にも、その東京大学での自由英作文で、『ジュリアス・シーザー』の和訳引用を読んで思うことを40-60語の英語で述べよという出題でした。書くべき内容はほぼ和訳のなかに出てしまっているので、答案を作っていても楽しめないのでは?受験していた人にとっては「どこで差がつくんだろう?」と不審に思うレベルだったかもしれません。

 

 


東京大学受験者には、ゴリッゴリに知識を詰め込んでその知識の残存量で勝負するような、そんな受験はしてほしくないし大学側もそんな生徒を望んでいないと思っていたのに、自由英作文っていうクリエイティブなところで受験生の翼を奪うようなことをしてほしくなかったです。来年はまた変わってくれるでしょうから、期待しています。


さて今回のタイトル。
春から過去問演習に振り回されるな。

4月から予備校に通いだしている浪人生は、授業以外の時間をどう使っているでしょうか?

いまは2018年度入試での傷が生々しいので、意識を比較的高く保てていることでしょう。浪人するにあたって立てた志望目標にはやく近づくために、もしかしたら受験した大学(センター試験や、そして今年は絶対に受けないぞ!とか、今度こそ受かるぞ!と思い入れがある大学)の過去問を解いているかもしれません。


でもそれ 無意味。


もうこれからは、出題形式に合わせた勉強なんて無意味だといっていい。東京大学に限らず、多くの大学では、出題傾向をちょっとずつ変えてきています。そうすることで形式に慣熟しただけの勉強しか得意でない生徒をふるいにかけているのでしょう。

「〇〇大学の過去問を20年分以上解く!」なんてことは絶対にやめましょう。
〇〇大学の入試研究を趣味とするならよいですが、受験生として合格を獲りにいくのなら、オールラウンドに自分の弱点を補強しなおかつ自分のバックグラウンドにある教養を生かした答案作成ができる状態を実現させてください。

自由英作文が出題されなくても、たとえば医学部受験であれば面接や小論文で、自分の持ってきたものをアピールできるようにしましょう。

まずは自分の弱いところを攻略する。理系だから、医学部受験だからといって英語や国語を後回しにしているとバックグラウンド教養が身につかない。

弱いところを直視できない人間は、強くなれません。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

これから浪人する人へ・3

f:id:happy_money:20180330193608j:plain

「〇大学受験ならこうあるべきなんだ」とか「△大いくには◇(教材名)使ってちゃ間に合わないですよね」とか、結果を出す前から半可通なことを言ってはいけない

 

確かに、「東大式ノートのとりかた」といった文言には魅力、パワーがあるけど、それは結果として東大合格した人がやっていた方法を集めたにすぎない。

サイドバーに自分の感想やメモを書き込む、色数を多く使わないといった、とても参考になることもあります。

 

しかしまず先に、浪人する人は自分の勉強に対する姿勢を改めよう。

 

時間をただかけているだけの人が、どんなきれいなノートをとっていても無意味だ。

自分のなかに、敗者の原因があると謙虚に考えよう。

 

 

シス単で英単語を覚えてネクステで文法を覚えればなんとかなると思う。

 

数学はパターンを覚えればとりあえずセンターはとれると思う。

 

国・社はセンター直前に集中してやればなんとかなる教科だ。

 

 

こんなことを考え出したり言い出したりした時点で、次の受験での失敗が濃厚です。「~すればなんとかなる」は自分の首をしめるタイプの楽観です。

 

 

浪人しそうなお子さんをもつ保護者の方で、前述のようなセリフを聞いたことがある方は、すみやかに親子会議を開くべきです。

 

お子さんが実はどんな人間なのか、どんな逃げ方をしてしまうのか。これを保護者は話し合いましょう。

 

受験で成功するには自己の攻略が必要です。最初からよく出来る人は、最初から自己の攻略がうまくできていて、それゆえに努力の「選択的集中」がうまくいくのだと思いますよ。

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

これから浪人する人へ・2

f:id:happy_money:20180318234543j:plain

志望校を固めすぎないこと。
 
浪人するにあたって、モチベーション維持のために志望校を決めるのはよいこと。
たいてい予備校では志望別にコース分けがなされるので、志望校ゼロの状態で浪人生活を始めるひとはほとんどいない。
 
ところがなかには、志望校への固執が強すぎる人がいます。春にはそう大きな障壁にはならないのですが、夏以降の時間を有効に使えなくなり学力が伸び悩み、秋以降も学力の増進ペースより志望大学への熱意の方がつよいまま、自身の立ち位置を冷静につかめず二度目の失敗につながるケースが多いのです。
 
 
妥協を許さぬピュアな受験生。
10代後半にとっては良いフレーズに聞こえるかもしれません。大人からすれば失敗要因にしか聞こえません。
 
むろん、日々の学力増進のために妥協せず上手に自分の時間を使うのは大切なこと。
しかし一方で、自分が出来るところ・出来ていないところを客観的に見つめる現実的な目をもつことも大切です。そのためのツールが模試であり、判定のCとかDとかEに腹を立てるのはピュアすぎるお子様のやることです。
 
浪人すると決めたこの春、まず志望校選定に幅をもたせてください。自分のマックスレベルだけを探りにいくのではなく、浪人の一年を与えてよい「目標群」を設定してください。
 
時が経ち、学力が充実してきたらその目標群の底上げをすればよいのです。もし夏以降に自分の立ち位置を考えてみて、有利な状況じゃないと判断すれば、その目標群を下に、または水平方向に(他学部を検討すること)広げていくこと。
 
 
「ここじゃなきゃ嫌だ」は、充実してきた学力の裏付けがあってこそ言えること。裏付けがなければ、お子様の駄々です。学力以前に内面的な理由において、大学生になれないのも当たり前なのかもしれません。
 
 
 
パワーユアライティングで、ゴールを意識した勉強を続けよう。
 

  

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村