自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

大阪大学2019年度入試【あきらめなければ必ず道は開ける】

f:id:happy_money:20190421161847p:plain

 

前回にひきつづき

2019年度の大阪大学です。

 

 

 

こちらのストーリーとしては、

挫折→努力しつづける→克服、という

流れでしょうか。

浪人生であれば自分の経験を

ダイレクトに活かすことができて、

考えやすかったのではと思います。

 

 

 

 

答案例はこちら。

 

 

Last year I failed to be a student of Osaka University.  I was deeply disappointed but decided to study again in order to be enrolled in Osaka University.  It was very hard to keep studying while my friends who were already college students were playing.  Now I believe I will pass this test.  That's because I never gave up my dream and continued to study.  

 

 

 

「~に入学する」be enrolled in ~ は、使える表現です。覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

パワーユアライティングは、

大学受験に特化した自由英作文

添削サービスです。

 

受験生のみなさん、一緒に頑張って

いきましょう!

まずは お問合せから無料添削!

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

大阪大学2019年度入試【何事もあきらめが肝心】

f:id:happy_money:20190416191715j:plain


 

 

以下が、2019年度入試前期に出題された自由英作文のお題です。

 

 

 

 

 

「何事もあきらめが肝心」と言われますが、一方で、「あきらめなければ、必ず道は開ける」という言葉もあります。あなたの考えはどちらに近いですか。あなたの過去の経験を1つ挙げて、70語程度の英文で述べなさい。

 

 

昨年につづき、受験生自身の人生経験から内容を作らせるものでした。

語数も70語程度なのは変更なし。

違う点といえば2つの考え方から1つを選んで書くところ。

それにしても大阪大学の自由英作文は、よく言えば内省的。あるいは自虐的というか、過去の傷をさらけ出させるようなものが続いていますね。

 

 

 

 

 

今回は【何事もあきらめが肝心】サイドで作ってみました。

 

 

 

 

As a high school student, I had many things to do.  Of course it is ideal that I can finish all I should do by the end of the day, but in fact I don't have enough time to do things perfectly.  One day I found it not good to try to do all.  I think it better to try to do everyday tasks as hard as possible and then to quit doing one task at some point before I might spoil other tasks.  

 

 

 

「高校生の時、やることがたくさんあった。もちろんすべてをその日のうちに終わらせるのが理想なのだけど、実際にはすべてを完璧に仕上げるような時間がない。ある日、全部をやろうとするのはよくないと気付いた。日々の課題をできるだけ一生懸命やることが大事だけど、他の課題がだめになってしまう前にどこかの時点で一つの事ばかりやるのをやめた方がよいと思う。」・・・こんな内容にしました。

 

 

 

 

70語程度の英文は、たいして掘り下げることができない分量です。

そのため、まるで高校一年生でも書けるような答案になりました。

大阪大学は、この出題で何を要求しているのかな??

 

 

 

 

自由英作文の対策を後回しに

してはいけない!

パワーユアライティングの添削

使って、模試受験の時点から

自由英作文を得点源にしよう!

 

 

 

 

 押してくださると励みになります!

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

2019年度入試が終わるにあたって【感想】

f:id:happy_money:20190325013738j:plain

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

もう3月25日。

 

国公立前期から一ヶ月。

 

本当にお疲れさまでした。

 

私の方は、まだまだ 問題分析が

進んでおりませんが

 

実際の受験指導を行ってきて

すこし感想など。

 

とにかく「戦略」が大事。

 

「学力」増進も大事だけれど、

同等以上に

 

「戦略」が大事。

 

保護者の方のなかには「学力」>「戦略」だと

 

おっしゃる方もおられます。

 

しかし学力増進にも時間をいかに使うかの

 

戦略が必要です。

 

私立大学を併願するのなら、その併願にも

 

戦略が必要です。

 

 

また、センター試験が終わったら各社の

 

リサーチ結果をもとに、

 

受験大学や受験科目を

 

熟考しないといけません。

 

ハッキリ言って、保護者の方の

時代に通用していたことが

通用しません。

 

長年 高校で教えていらっしゃる先生も

 

昨年まで通用していたことが、通用しません。

 

もちろん 受験生本人の頑張り一本でも

 

通用しません。

 

ある意味で、現在の大学受験生やその

 

保護者は情報弱者になっています。

 

ネットに情報はあふれているのですが、

 

なにを材料にしてどう判断していいかが

 

わからない状態です。

 

こういうときのために、塾や予備校があります。

 

でもなぜか

「自分だけで頑張る」ことが美徳と

 

思い込んでたり

「塾なしで合格するのが尊い」とか

 

吹聴したり。

 

受験生サイドと学校サイド。

このほかに、

三者として塾・予備校の講師を

利用しましょう。

 

ただし

「戦略」が立てられない講師はだめです。

 

どうなりたいか、または 

どうなりたくないかを

 

相談してください。

 

戦略を立てることを面倒くさがる受験生や

 

保護者の方は、後手後手の対応になりがちです。

 

具体的には、1月後半から2月中盤までの

私立大学で合格が出ず、

戦略が立てられないがために、

 

その余裕がないがために 

国公立前期の準備に没頭するしかない。

 

結果として、出せる出願の機会を失い、

 

国公立前期も。。。

 

望まない私立大学へ3月入試

(定員若干名が多い)に

 

絶望的に賭けるしかなくなる。

 

こんな惨劇が、全国で毎年毎年 

展開されている。

 

塾や予備校を、賢く利用してください。

 

そのための情報収集や、家族での相談を

 

おろそかにしないでください。

 

受験生は、塾に通って

さらなる勉強をすることを

嫌がらないでください。

 

塾で受験校の相談をすることを

 

ためらわないでください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村