自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

安楽死・尊厳死について~受験生ならどう考える? これは長文だよ!

f:id:happy_money:20171231171910j:plain

 

 

安楽死を認めるべきかどうかというテーマで、すでに一橋大学で出題されたことがあります。さらに医学部受験者は、「面接で聞かれる前提」で意見をまとめておく必要があります。
 
 
設問・質問に、「あなたの考えを自由に述べなさい」なんて書いてあっても、その気になって自由気ままな意見を作ってはいけませんよ!特に医学部面接で「安楽死を選ぶ権利が認められてもよい」だなんて発言すると、医師としての適性に疑義を持たれ、せっかく学科試験で得点できていたとしてもバッサリ落とされます。面接官は、客観的に受験生の話を聞くので、意外なほど冷徹に受験生の性質があらわになってしまいます。軽率な発言をしてしまわないよう注意しよう。
 
 
ちなみに、安楽死尊厳死は同じではありません。
死期を選ぶのに本人の意思にもとづくのが尊厳死
家族などの第三者(という表現でいいのかな?)の意思が反映される余地があるのが安楽死
ガンで苦しんでいる老犬を、苦痛から救ってやるのに飼い主がしてあげられそうなことの一つは、安楽死であって「犬の尊厳死」ではないですね。

 

 


日本では安楽死は認められていません。尊厳死もいまだ認められていません。ただ尊厳死は、「終活」が静かに広がりつつある日本で、患者本人の意思が示されていれば(当然、本人の意識が明確になっていることが必要。周囲のコトバにのせられて「うん、うん」の状態では本人の意思表示とはみなされません)、苦痛を伴う延命治療を望まないという選択肢を認めようという機運が生じているようです。
 
だとしても!
大学受験においては、「安楽死尊厳死も、まだ十分に適切な選択肢(likely alternatives)として考えるべきではない!」と振り切りましょう。医学部受験生であってもなくても、安楽死尊厳死を認めることはヒトの死を積極的に認めることになってしまいます。それはダメ!・・・いろいろ思うことあるでしょうが、ダメ!
 
まず「安楽死尊厳死を安易に認めてはいけない」と自分の立ち位置を明確に述べたら、具体的な陳述をどんどん展開していきましょう。英作文の論理展開は、大きなことより小さなことを、しかも極端といえるほど明快なストーリーを作るのが肝です。
 
では、安楽死尊厳死を安易に認めてはいけない、その理由はなんでしょうか。
 
 
 
それはシンプルに、患者側になるであろう一般の人々(わたしたち)の間に、死について考える機会が十分にないからでしょう。つまり「認めるべきか・認めるべきでないのか」の問いを突き付けられても即座の答えを出すのが難しいのです。ここは現在完了時制で、We, people who will be patients, have not had enough opportunities to think deply about death. と書けそうです。そして It is difficult to make an instant answer to the question "we should /should not accept euthanasia and death with dignity." と続けることができます。
 
 
 
さあ次はいよいよ具体例を作ります。もし患者が長期間にわたって病気で苦しんでいるなら、治療を受けながら自分の死についてじっくり深く考える時間をもつことは可能かもしれない(If a patiend suffers from a chronic illness for a long time, he can probably have time to think about his own death. )がしかし、つねに冷静な、人を納得させられる結論を出せるとは限らない(he doesn't always reach a calm and satisfying conclusion. )。長大英作文でなければこのまま次の展開に移ってもよいのですが、一橋大学での出題のように100語以上のエッセイを要求されるなら、この後に典型例としてがん患者が自分の人生をどのようにがんと共生して過ごすかや、残された人生の時間をどう過ごすか考える実際を描き、膨らませた方がよいでしょう。
 
 
 
 
そしてすべての患者に、死について考える時間があるわけではありません( Not all patiens can have enough time to think of death. )交通事故などで自分の意思を明確にできない( cannot make himself clearly understood )状態におちいる患者もいるでしょう。そうした患者が生じるのは避けられない( it is inevitable to cause an incident which will produce such patients. )。ゆえに「安楽死尊厳死を認めるべきか・認めるべきでないか」の問いに対する単一の答えを導き出すことはほぼ不可能である( it is almost impossible to make a single answer to this question. )。世の中の人々が安楽死尊厳死について議論しなんらかの合意に達するにはもっと長い時間がかかるだろう( it will take much longer for people in the world to discuss euthanasia and death with dignity, and to reach agreement to some extent.)。
 
 
 
思うに、安楽死尊厳死を認めることは現時点では、他者によって死ぬことにしかならない。それが医師によってなされようとなされまいと、患者の命を奪うことには賛成できない。
 
 
・・・・・このような流れでいけば、自由英作文でも医学部面接でも、詰まることはないでしょう。終盤部分は、I think that admitting euthanasia and death with dignity just means death by others.  I cannot agree that we will rob patients of their chance to live whether the act is done by doctors or not.  でしょうか。
 
 
今回はとっても長くなってしまいました!いつも以上に読みづらくてすみません!
しかし大学受験は、決して、巷で言われるほど、知識のみでなんとかなる試験ではない・・・ということを知っているからこそ、こうした賛否両論・議論がつづいているトピック(a topic with mixed reviews / a controvertial topic )について皆さんに考えるきっかけを投げかけたかったのです。
 
2017年12月31日。


にほんブログ村

救急車は有料にすべき?

 

 

f:id:happy_money:20171115130633j:plain

 救急車は有料にすべきという意見に対してあなたは賛成か反対か。その理由と共に50語程度の英文で述べよ。
 
 
自由英作文のお題にもなり、かつ医学科面接の対策にもなるなんてなんと有用なんだろう・・・!と思って今回はこのトピックについて書きたいと思います。
 
50語程度とありますから、50~53語くらい書きましょう。「程度」を真に受けて、「四捨五入すれば50だし!」と48語くらいで終わってしまうのは物足りません。50語までは使ってよいということですから、せいぜい(笑)50語を使い切って書いたほうがよいです。
 
 
 
さてまず日本語で流れを書いてみましょう。この問いは医学科面接でも聞かれることがあるので、国公立・私立問わず医学科志望者もしっかり考えておきましょう。
 
 
 
賛成派
(1)すこし具合が悪い(feel sick)からといって(just because)、まるで救急車をタクシーであるかのように(as if+仮定法)不必要に救急車を呼ぶ人がいる(some people make an unnecessary call)。
(2)救急車の数はそれほど多くない(not so many)ので、不必要に呼ばれると本当に必要なけが人や妊婦、重病の人(the 形容詞/分詞)が利用できなくなってしまう。
 
 
 
反対派
(1)体調が悪くなった時、救急車の利用が有料だと、経済的にゆとりのない人たち(the poor)は救急車を呼ぶのをためらい(hesitate to ~ )、より深刻な問題を引き起こすかもしれない(cause a more serious problem)。
(2)医療サービスは誰にとっても平等に利用できる(have access to ~ )ようにすべきだ。
 
日本文のなかに、使えそうな英語表現を混ぜてみました。賛成派の構成は、これで十分語数が書けそうですが反対派はもしかしたらショートするかもしれません。反対派(1)をより具体的に掘り下げた方がよさそうです。「経済的にゆとりのない人たち」を思いきって「年金( pension )で暮らしている( live on ~ )高齢者( some of )のなかには」で作ってみてはどうでしょうか。
 
 
 
次回は「日本は安楽死を認めるべきかどうか」について考えてみようと思います。こちらも一橋大学で過去に出題されています。エンディングノートなど、人生の終わり方についていろんな人がいろんな考えを持ち始めているいま、医学科面接でも尊厳死は小論文・面接において誰でも事前に考えておきたいテーマですね。
 
 
 
すでに英作文添削を始めている受験生がいます!
あなたは、まだですか? 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

英作文対策と例文暗記

 

 

f:id:happy_money:20171101000642j:plain

英作文の対策と聞いてまず頭に浮かぶのは、例文暗記でしょうか。確かに私も高校生2年生の時、高校から渡された教材の一つとして「基本例文300」を覚えました。大きいサイズの単語カードに、表=英文 裏=日本文(+ここで覚えるべき大事な英語表現)を書いて・・・
そしてそこから得られた知識も少なからずありました。英語の成績を上げるにはとても意味ある勉強だったと思います。
 
 
しかし、どんな例文集であっても、例文の丸暗記だけでは無意味です。その例文がソックリそのまま出題される入試ならともかく(??そんなところあるの??)、一文をツルーッといえるまで暗記しようとするのは完全に誤ったやり方です。口頭で一文を言えるようになる努力が、少なくとも大学受験で役に立つことはないでしょう。
 
 
例文暗記をする意味は、その例文の構造を理解し、意味の区切りを意識し、その例文で用いられている構文・語句表現を覚えることです。特に、構文・語句表現は、ネクステなどの問題集で単発の状態(空所補充になっていて、その表現だけを問われている状態)で学んでいるだけでは、いざ自力で英文を書こうという段になって、他の部分とその構文・語句表現がどうつながればよいのか考えて判断する力がつきません。マーク模試だとなんとなく点数がよいが、記述となるとガクッと下がるという受験生は、ネクステなどでの浅い勉強しかしていないからです。
 
 
「あるある」な例として、preventを挙げてみます。
虫食い状態の勉強をしている受験生は prevent と fromがセットにあって刷りこまれているから、英作文で prevent の直後に from を置くというエラーをしてしまいます。単純化された勉強しかしてきていない受験生には、そもそもなぜこれがエラーになるのか認識することも難しいのかもしれません。
これがもし、Bad weather prevented airplanes from leaving the airport.  といった例文暗記ができていたなら、prevent は他動詞であり、目的語が直後につくということを自分のなかに蓄積された例文データバンクで確認することができ、その結果、ミスのない英作文を書けるようになります。そのため、自分が受験しようとしている大学で、2~3行程度の短い和文英訳が出題されるのなら、例文暗記は強力な味方になるでしょう。豊富な例文データバンクが頭のなかにあれば、与えられた日本文の解釈から、適切な英文またはヒントになりそうな英文を持ってくることが短時間のうちにできます。
 
 
自由英作文が出題される大学を受験する場合、短文暗記は無意味ではありませんが、武器にはなってくれません。和文英訳と異なり、日本語にあてこむ英語のカタチが適切かどうかが評価されるのではなく、自由英作文においては(極論すると)、どんな平易な構造の英文でもかまわないから、全体の流れや陳述が明確につくれるかどうかが評価のポイントになります。先ほど挙げた S prevent O from ~の構文でなくても、S(O) didn't / couldn't ~ で十分よいのです。むろん、例文を暗記していることで、語数調整の必要があるときはべつの構文を使うことによって、増減できるという強みもあります。
 
 
自由英作文の対策としては、例文暗記をパーフェクトにする努力は時間のムダかもしれません。受験まで一年以上時間があるというのなら例文暗記に時間をかけてもよいですが、10~11月のこの時点でいえば、自由英作文の対策はまずお題に対して日本文で全体の流れ・論理をくみたてることから始めるべきです。逆説的に聞こえるかもしれませんが、持っている日本語の力と一般常識の力を増強することによって自由英作文の得点力を上げることになるのです。
論理が組み上げられれば、次のステップとして平明な英文にしていく。多くの受験生は、第一段階の「論理構成」を軽視し第二段階の「英文化」だけを不安がっている傾向があるようです
 
 
 
どんなトピックでもきっちり論理的文章に仕上げられるよう、Power Your Writingで訓練を始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

英作文の対策はいつから?

 

f:id:happy_money:20171015161038j:plain 
検索で「英作文 対策」といれるとその後に「いつから」がついてきます。英作文対策を本格的に始める時期について、考えている方が多いのですね。ところが、国立旧帝レベルの大学が軒並み自由英作文を出題するようになった今、上位を目指そうという受験生にとって「いつから英作文の対策をやり始めればよいか」という問いは・・・愚問です。
 
 
 
 
 
結論からいうと、英作文の対策は文法項目の学習をしている時点から並行しておこなっていくべきです。つまり時制を学んだ際に、では英文を一文まるまる書いてみて、主節・副詞節のカタマリを意識したうえで適切な時制を使えているかどうかを確かめていく、ということです。文法項目を学んだ際に、択一式や穴埋め式の問題演習だけで終わっていると、トータルな構造を考えた英作文訓練になりません。ネクステなどの問題集で、「何周もやっているのに模試の点数がよくない。英作文も書けない。」という悩みを抱える人が多いのは、英文法と英作文を分離して勉強してきてしまったからです。英文法と英作文は、表裏一体ですよ。文法事項の学習と、整序英作文・短文英作文を同時に行なうのがベストな「始め方」です。
 
 
 
いっぽう、自由英作文の対策は、センター試験後・出願する大学をもたもたしないで決断したら即、スタートさせるのがベストです。確かに10月・11月の記述模試でも自由英作文が出題されますが、あくまでも途中経過の英文作成スキルを見るだけで、模試の形式でよく書けたとしても実際の個別試験では語数も形式も異なるのでこの時点で対策していないから駄目だ・・・ということにはなりません。とはいえ、対策をしていればなお良いことは言うまでもありません。

 
国公立志望者は、センター試験が済めばあとは次第と国公立二次に向けた準備をしていくことになります。教科・科目の重複もあるのでセンター直前期ほど多くの教科・科目を手広くやる必要がなくなります。国公立二次の対策をしていくなかでついでに私大の過去問演習をするというスタイルになっていくでしょう。私大の入試は一般的に2月中旬までで終わるので、そこからは毎日、自由英作文を一題書きあげては添削してもらいましょう。そして返却されたものを読み込んで、同じミスは繰り返さない・自分の論理構成の弱点を知り次回の提出では穴のない答案にしていこうと努力する。 
 
先に述べたように、文法学習と並行して短文英作文の訓練をしておけば、二次対策に集中するこの時期は受験大学の出題形式に合わせた語数調整・論理構成に焦点を当てた勉強が可能になります。 
 
センター試験が終わって、受験大学を決めてからようやく英作文の練習を始めるのでは、遅いです。「自分はその時期に始めても合格できたよ?」という人もいるかもしれません。しかし、省エネで合格しようとか、「間に合った人もいるから自分もなんとかなる」とか考えている人は、それは変化していく情勢に対処していけない、ある種の病的な甘えであるということもこの際、理解しておきましょう。
 
 
 
 
「一日の長」にメリットがあっても、「一日の短」にメリットはない。受験したい大学がすでに心のなかにある人は、こちらで自由英作文の訓練を始め、一日の長を手にしましょう!
 
 
 

 

 

 

 


にほんブログ村

女子大を選ぶメリット

 

 

 

 

 

             f:id:happy_money:20171012001329p:plain

 

 

。。。今回も英作文に関係ない話を展開することになります。。。
今回は、毎年周期的に要・不要論が出てくる「女子大」の存在について。女子大に進学するメリットって、何でしょう?
 
 
 
はっきりいって、高校生時点で明白に実感できるメリットはありません。「女子大行っても楽しくない」って、高校生は言いますが、もうその時点で楽しいか楽しくないかの軸での判断でしかないんですね・・・ガッコに何しに行くのよ?
 
 
でも、女子大を選ぶメリットはたしかに存在します。大多数の女子受験生が共学大を選ぶなか、多様性の一局面として女子大を選んでそのなかで4年間過ごす。ちょっと単純に思われるかもしれないけれど、女子しかいない環境で勉強するというのは、みずから選ばなければ得られない経験です。そういう経験をしようというのは勇気が要ることだし(でも当人たちは日ごろからそうした選択をやりつけているかもしれないから、そう大した勇気も必要ないかも)長い人生において貴重な経験になるでしょう。
 
 
 
「貴重」というのは決して、その選択をする人の数が少ないからではないです。学習・研究環境でも労働環境でも、いままだ「多様性」というコトバがようやく世の中に出回り始めた段階の日本社会で、女性だけでなにかを落ち着いて進めていくということができる機会は、そう多くありません。
 
 
「女性だけで」という条件だけなら、従来のパートタイマー職場、PTA、ママ友といったシーンでもあてはまりそうです。ただし「なにかを落ち着いて進めていく」となると、上に挙げた3つのシーンはどうなんでしょう?・・・あてはまらない事態がリアルに浮かぶのではないでしょうか。
 
 
 
女子大を卒業するメリットは、

①多様性を身を以って知ること 

②あるプロジェクトを落ち着いて進めていける各種スキルを身につけられること  

だと思います。
 
 
①はなかなか逆説的です。女子大は、女性しかいない生物上の画一性かと思いきや、じつは社会上の多様性の一つなんですね。もはや、女子大しか選べない時代ではありません。いまは、あえて女子大を選ぶことで新しい視点を獲得することが可能になっています。むろん、女子大進学で得られるこの新しい視点ではなく、共学大進学でべつの新しい視点を獲得したっていいんです。どっちかしかダメ、という考えがおかしい。
 
 
 
だけどせっかく女性が大学を選べて、卒業後も社会のなかで有用な人材になろうというのならなおのこと、女子大へ進学し、「誰も他にひっぱっていってくれる人がいないなかで、自分たち(女性)がエンジンとなって進めていく」ために必要な経験値を積んでいってほしい。
 
 
 
 
男性だけの職場が少なくなり、女性の社会進出が叫ばれて、働く女性の数がどんどん増えました。でもそれは、男性と同じ働き方をしてしまうことからくるジレンマを生じさせもしました。結果的に子をもつことをあきらめたり、子をもっても育児との両立に苦しんで、働くことをやめてしまったりする女性も多く産みだされてしまいました。
 
 
 
もしかしたら、社会進出を始めた世代の女性たちが、多様性を考えず(その時代そのものが多様性に寛容じゃなかったこともある)、男性と共に働くということに対して「お祭り状態」・・・というとひどいかもしれないけれど、冷静に事にあたれなかったからではないでしょうか。男性と同じように、男性がやっている通りに働いて、「よし!自分出来てる!」と思っていたとすると、はてしなく自己満足・・・社会進出にともなう残念な効果になってしまいました。
 
 
 
いまは、男性と一緒に仕事をするにしても、女性の視点からもアプローチすることが必要になってきています。男性上司から指示されたとおりにやっていればそれでよい、なんて思っている人はかなり・・・時代錯誤かもしれないですね。
 
 
 
 
女性が損なわれることなく、チーム統制力・伝達力をもって働けば、なにかをあきらめる・あきらめざるをえない働き方に代わる、べつの働き方が見つかってゆくのではないかなと思います。男性がしてきた働き方では、たとえば長時間勤務が大きな問題になっている現在や今後、通用しなくなるでしょうね。「男性方式」ではうまくいかなくなってきた、ではべつの方式を模索しよう・・・これの予行演習が、女子大で学ぶメリットなのではと思います。
 
 
 
 
いま受験大学や進学先で悩んでいる女子受験生や保護者の方には、ぜひ、次世代の女性人材に不可欠なスキルを獲得できるという、わりと気の長いアドバンテージがあることも考慮してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 
にほんブログ村