自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

2018年度入試 私立医学部ちょっと感想

私立大学の定員厳格化がニュースになってるけど

私立医学部は補欠繰り上げ合格が動き始めた

 

 

このあと国公立大学前期の発表があるので

補欠番号が若い人は待ちましょう

そうでない人は、念のため次年度のため勉強を続けましょう

 

 

なにぶん同じ顔触れが複数の大学で合格をさらっていっているので

受かる人は受かるし、受からない人はどこも受からないという

現象が起こる。受かる体質になるためには学力をあげるしかない。

ひたむきさは必要だけど、そのひたむきさは

学力の裏付けがないと報われない

 

 

受験する回数の多寡にかかわらず、学力が如実に結果に反映される

 

むろんどこかの大学のある受験日に生徒のピークが重なれば

下馬評では苦戦が予想された生徒でも、たったひとつでも

合格を手にしてその大学へ進学できる

 

 

 


にほんブログ村