自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

通信講座教材がたまる

「アルファベットの最後の一文字」会とか「良く生きる」社のとか

通信講座を自分の勉強にくみこんでいる受験生も多いことと思います。

 

       通信講座教材の王道・活用法については後日述べるとして・・・

 

夏休みに入り、気がつくと前学年分から提出が滞っているという人も多いでしょう。

課題提出どころか、届いたままの状態で部屋に積んであるという人もいるでしょう。

私はこの状態を責められません。思い起こせば私も高校生の時分、B社の教材を「購入」していただけで放置していました。

でも、あの通信講座教材の有効な使い方は、毎月キチンキチンと提出することではない、と思いますよ。

 

毎月提出することに達成感や自信を見いだせる人はそうすればいい。

しかし毎月の提出ができなくなった瞬間から、精神的な負担になっていく・・・

お金を出した親に「アンタあれやってんの?」と聞かれた日にゃ・・・

聞かれて「時間がなくて」と本当に本当のことを言ったのにすっごく不満そうなカオされて・・・

確実に不幸スパイラルの源でしょう。

 

もうこうなったら、この夏休みで一気呵成に踏破するのがベストです。

前学年のものだと教科書レベルの演習から始まる構成なので受験学年になった今の自分に「手が出ない」なんてことはない!

「え、これ知ってる。わかる。できる。」とサクサク解けてしかも意外にマルもつく。

教科書レベルから模試レベル、過去問レベルのそれぞれのギャップを埋めるのにちょうどよい感じなのです。

教科書だけやっていても、(英語だったら)ネクステやポレポレなどやっていても、もうすこし骨のある次の段階の教材に当たっていかないと力はつかないのです。

通しレベルで、スピード感をもって演習量を増やすため、たまっていた通信講座教材は夏休みにやりこむのが正解でしょう。

 

 

てゆーかこれが最後の活用タイミング。

夏休みの時期を逃せば手遅れに振れてしまう。。。

 

 


にほんブログ村