自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

大学受験の自由英作文攻略「防犯カメラ」(後編)

「日本のあちこちで防犯カメラが設置されていることについて賛成か反対か、英語で自分の意見を述べよ」のお題が出たらどうするか、今回はその後編として「反対」サイドを考えてみたいと思います。

f:id:happy_money:20170623193755p:plain

あくまで現実的に、論理的に考えていきたいものです。

だから例えば「四六時中どこでも監視されているようで気持ち悪い」のように感情を拠りどころにしてしまうのはまずいやり方です。「気持ち悪い」はコドモらしい教室レベル・学校レベルの感想でしかないです。社会レベルの視点で考えられるようにクセづけしましょう。

 

社会全体として、防犯カメラがあちこちに存在するのは安心も与えるだろうけど、一方で「監視社会」の危険性を感じることもあるでしょう。かつては隣近所の人付き合い・助け合いが多かった日本社会ですが、最近はもう隣近所とのコミュニケーションはめっきり減りました。でも隣近所の人々と十分なコミュニケーションをとっていれば犯罪発生抑止にも役立つだろうし「監視されている」と被害者のように感じることも減ると思われます(←「ご近所トラブル」が現実に発生しているけど、それに言及するとかえって「反対」の論理性が弱まってしまうので言及しない方が賢明)。確かに防犯カメラ映像解析が事件の解決につながるというメリットはあるだろうけど、事件を未然に防ぐために、隣近所の人々とコミュニケーションの機会を増やす方法を考えてみたり、あるいは防犯カメラを過信しないようにしたりした方がよいと思います。

 

さあ、もうこれで結論まで行きつきました。

「好きか嫌いか」ではなく、「防犯カメラ」を社会のなかにきちんと位置付けて考えられるようになれば、説得力のある自由英作文答案が作れそうですよ!分量も十分だし、用いる英語表現も、助動詞・関係詞の非制限用法・「~が多い/少ない」表現・「なるほど確かに~だがしかし・・・」表現・目的構文などなど、見せ場がタップリです。

 

自由英作文攻略には「発想力」が大事、ということです!

 

f:id:happy_money:20170624140959j:plain

 

 次回はまた、別のお題で発想力を鍛えてみましょう!