自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

大学受験の自由英作文攻略「防犯カメラ」(前編)

別試験で課されることの多い自由英作文で成功するには何が必要か?

単語数じゃない。暗記例文の数でもない。

 

・中・高で身につけた知識を元手に、自分の考えを教室レベル・学校レベルから地域レベル・社会レベル・地球レベルにまで延伸できる力が必要

f:id:happy_money:20170623193551p:plain

識が蓄積されていないのに大きい枠組みでものを考えようとすると、土台がグラついているので現実的でなかったり論理的でなかったりして、矛盾点やウソが出てきてしまう。

f:id:happy_money:20170623193613j:plain

学の証明問題でもそうだよね。「図からなんとなくそうかなと思った」だけでは、論理性のある証明にならない。

f:id:happy_money:20170623193630j:plain

これはいろんな意味ですごいね

 

自由英作文において、現実性・論理性がないのは即死級のエラー。

例えば「日本のあちこちで防犯カメラが設置されていることについて賛成か反対か、自分の意見を英語で述べよ」というお題が出たら、どう答えますか?

 

室レベルのピュアすぎる人だと「賛成!犯罪防止に役立つから!」ってすぐに飛びついてしまいそうだけど、30語くらいの短い語数ならいざ知らず、80語、いや50語でも、出題サイドから要求されていたら、あっという間に書くことがなくなり行き詰ってしまいそうです。付け加えるにしても「防犯カメラが実際に犯罪発生抑止に役に立っている具体例」かな?でもそんな具体例を詳細に知っている人は多くないでしょう・・・ニュースで見聞きするのは、犯罪が起こってしまったあとでのケースが多いから・・・

 

ついつい飛びつく「賛成」側は、このお題に関してはドボンコースでしょうね。

 

自由英作文は、これ!という絶対的な正解がないけど、これはやっちゃいけない!という誤答は存在するのです。

めんどくさいね。

 

じゃあ「反対」側に立って答案を作ってみたらどうなのか?次回に続きます!

 

f:id:happy_money:20170623193755p:plain