自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

英検、TEAP、そしてGTEC-CBT(2)

          f:id:happy_money:20170922083607p:plain

 

 

 

 今回はGTEC-CBTとTEAPについて、実際に受験した際の感想なども併せて書きます。
 
 
 
GTEC-CBTは完全個別ブースでの受験。隣との距離が意外に近くて、スピーキング時はヘッドホンをしていても隣の人の声が聞こえてきます。上手な人でもそうでない人でも、他人の話す声は気になってしまうものです。試験中全セクションずっと、モニター上にremaining time(残り時間)が表示されますが、それを気にしていると処理が遅れてしまいます。
 
 
 
 
最大の特徴といってよいのは、GTEC-CBTでは、受験者の正答率に応じて出題される問いのレベルが変動するということ。。。どういうことかというと、標準レベルの問いで正解し続けているとその後に出題される問いのレベルが順次上がっていきます。反対に、最初のところで誤答ばかり続くと、次の問いのレベルが下がってゆきます。受験生によって答える問いが異なってくるのです。友達と感想を言い合っても、「え私そんな問題出なかったけど・・・」となるのです。GTEC-CBTの評価では、正解できる問いのレベルがその人のスキルレベルなのであって、それこそ一点刻みの得点主義でレベル分けされるのではありません。この辺りはよく考えられている試験だなと思います。Writing/Speakingセクションでは、レベル無関係で統一のお題が出題されているようです。
 
 
一方、TEAPは従来の紙ベースでの筆記試験なので、こちらのスタイルに安心を覚える人も多いのではないでしょうか。受験生が受ける各種模試と同じ、厚みのある解答用紙に答えを記入していきます。マークシート方式と記述式が混在します。この記述式が手書きなので、慣れていないと疲労が出るでしょう。200語近くの文章を正確に手書きするのは、なかなか消耗します。与えられた題材を利用し、自分の考えを組み上げていくことに意識が集中し時間をとられがちですが、いそいで書いてスペルミスを連発して減点をくらうのはもったいない。用いる語句も、同じ単語・表現をくりかえしてばかりだと語彙力不足とされて評価が下がります。私自身、受験した際は、下案つくって英文にしてそれから表現を練り直し語数をカウントして規定語数に達しているのを確認したら残り10分でした。自分は英作文を書きなれている方だと思うのですが、それでもタップリのゆとりは残らなかったです。
 
 
 
 
 
他にもGTEC-CBTとの違いは、TEAPのSpeakingは「人」と対面して話すことです。GTEC-CBTはモニターに向かって一人で話すので味気ないことこの上ない。TEAPでは、面接官を目の前にして話しますがその面接官はきちんと相槌をうってくれたりうなずいてくれたりこちらの話し出しを待っていてくれたりするので、こちらのスタイルの方がやりやすいでしょう。私はとても楽しんでinterviewを受けることができました。
 
 
 
 
このブログで、少しでも違いがイメージできて、これから受けようという方の役に立てばよいなと思います。特に文系上位者は、どうせ大学入学後もこうした資格試験を受けて自分のスキルを証明していかないといけない時代になってきたので、おっくうがらずに受けてみてください!!

自由英作文の添削をお探しならこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

英検とTEAP、そしてGTEC-CBT(1)

 

                                                f:id:happy_money:20170916214516j:plain

 

2020年のセンター試験改革を待たずして、2017年秋の時点で英検などの試験を受けた/受けようとしている人は多いでしょう。地理的な「受けやすさ」を考えると英検やTEAP、GTEC-CBTが一般的な英語資格試験でしょう。
 
 
 
 
私が受けたことがあるのは英検、TEAP、GTEC-CBTしかないのですが、今回はどういった資格試験がどんなタイプに合っているのかについて考えてみたいと思います。
 
 
まずは親世代を含めて、多くの人にとってなじみ深い英検は、大学受験に必要な2級や準1級・1級であれば一次試験を合格してのちに二次試験を受け、その二次試験まで合格してやっと資格取得になります。2020年までにどう変わるかわかりませんが、現状のままだと資格取得(合格)するまで合計2日間を費やさなければなりません。
このことにはメリットもあってまず一次試験までに総合的な英語運用力を上げ、二次のスピーキングは一次通過後に集中してアウトプット演習をするという「選択と集中」型の対策が有効であること。段階を追って勉強したいタイプや「他の人は落ちたけど自分は一次通過できた。なにか特段にうれしい気持ち!」の状態の方が力を出せるというタイプに向いています。
 
 
 
 
一方で、TEAPやGTEC-CBTは4技能試験を一度に行ないますので、受験のために費やす日は一日でよいです。そのため入試日程までそれほどゆとりがないタイプや、一次・二次それぞれの結果が出るまでまどろっこしい!一気に仕上げたいタイプに向いているでしょう。もちろん英検とは異なり、4技能を同時にレベルアップし試験本番では分刻みで問題処理しないといけない大変さがありますが、メリットとしてはスピーディーな試合運びができることでしょう。
 
 
デメリットは、特にSpeaking/Writingの場面設定や分量が英検に比して多様かつ多めであること。目指すスコア獲得のためには過去問攻略だけでなく、本質的な英語力がカギとなります。(B社の方はハッキリと、過去問を繰り返してきてもその場その場で英語で対応できる力がつかない、ゆえに過去問形式への慣熟だけではスコアアップにつながらないことがとても多いとおっしゃってましたよ)
TEAPとGTEC-CBTを実際に受けてみての違いについては、次回で書こうと思います。
 
 
 
 
大学受験に特化した自由英作文添削ならこちらです!
「規定の語数は書けたし、なんとなく合ってそう・・・」
根拠のない自信を、パワーユアライティングで絶大な自信に変えていきましょう!
 
 
 
 

 

 

 

 


にほんブログ村

I think にひそむ危険

                                          f:id:happy_money:20170908195255j:plain

自由英作文にはパターンがあって、あるお題に対して賛否をたずねたり自由に受験生の思うことを書かせたりという形式が主流でしょう。しかしどんなパターンでも受験生が、以前のエントリで挙げた例のbecauseと並んでつい気安く使ってしまうのが " I think (that)~"ではないでしょうか。安心できる表現として、日本人らしい謙虚な感じを出そうとして多用している答案さえ見ます。 
この表現、直後につく構造によっては大減点を招くことがある、危険な表現だということを今回は伝えたいと思います。
 
 
 まず、I think の後に続く構造は必ず肯定文にしましょう。I think  の後続として否定文をつなぐと、「構造上のエラー」となり悪質なミスとみなされます。「軽微なエラー」では済まないのです。
 
  
I think の後続として否定文をつなげたい・・・と思った瞬間に自分のなかで分岐して、その時は I don't think +肯定文 にしましょう。
           

           大事なことなので繰り返します~~
I thinkの後続は肯定文!
I thinkの後続に否定文はダメ!つけられない!
I don't think の後続に肯定文!
 
 
そうした構造上のエラーであるとともに、あまり I think...を多用すると、いくら受験生の意見を自由に述べよといわれていても、主観的になりすぎてしまいます。毎回のことですが、自由英作文はただ指定語数を埋めればよいのではなく、その指定語数の範囲内でひとつのまとまったレポートや記事になっているのが合格答案です。流れをもち客観的な陳述や具体例が備わっているのが合格答案です。I think を多用している答案は(具体例や根拠を書く教養が乏しいこともあって)自分の思うことだけを連ねている答案です。そのような答案では採点者に評価されにくいです。

自ら落ちにいくようなことはやめましょう。

 

 

大学受験に特化した自由英作文の添削をお探しなら Power Your Writing へ!

絶対いきたい大学が決まったその日から、過去問研究を始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

「復習」のしかた

               f:id:happy_money:20170904164416p:plain

 すでに9月に入りました。いよいよ受験生の目つきが変わる時期です。これまでの指導経験から、目の焦点が合い力を持つようになると、その受験生は成功する可能性が高いです。反対に、授業中でも演習中でも自習時でも、薄い目をしていたり視線が泳いでいたりする生徒は伸びていきません。こちらは断言できます。特に、問いかけられて視線がたじろぐ生徒は、解答するにあたって自分の中に持っているべき知識そのものが不足しているので、自信が持てません。メンタルレベルではなく、本当に知識を獲得した経験が足りないから、「もっと自信をもってやりなさい!」という助言は役に立ちません。このような状態の生徒にこそ必要なのは、復習重視の勉強です。
 
 
 
 
たとえば数学の復習であれば、解いているさなかの体感として「この解法でいいのか不安」や「計算が複雑!」という感触が比較的はっきり残ります。数学の復習は、その怖かったところを後追いしていくのがやりやすいでしょう。
 
 
 
 
ところが英語となると、まがりなりにも何か自分で書けてしまう。その書けたものが急に愛すべき自己の分身となり、冷徹に見直しができなくなってしまいます。和訳でも説明問題でも、もちろん自由英作文でも。「どこが悪いのかわからない」はまだまし。「どこか悪いところ、ある?(こんなにがんばって書いたんだから!)」と思ってしまう。
 
 
 
 
大学受験において、努力点はありません。実際に合格した生徒の復元答案を見ても、英文解釈・和訳・作文で「すべてダメ」という答案よりも、少しずつ少しずつミスしている答案の方が圧倒的に多いのです。入試当日にミスしていても合格できる人がいるのは、日ごろからミスを見つけよう・なくそうとしていたから。逆説的に聞こえるかもしれませんが、自分のたどった道をもう一度確かめて出来ていること・出来ていないことを明確にするというのが、勉強のしかたの第一歩なのです。
 
 
 
 自分ががんばって書いたんだから評価してくれてもいいはず、、、この考えはまさに独りよがり。完全に正しい答えが英語や国語で存在しにくいからこそ、自分の未熟な答案にひそんでいる怪しさを排除していく。復習というのは、正答を知ることではなく、自分の答案に欠けているものを探し出すことです。
 
 
 
 
自分可愛さゆえの甘ちゃんなメンタルを、変えていきましょうね。

 

大学受験に特化した自由英作文の添削サービスをお探しなら、「自由英作文 添削 パワーユアライティング」で検索してみてください。 学校でも塾でもない、新しい添削の場が拓けます!

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

なぜ自由英作文が出題され始めたのか

  

                                    f:id:happy_money:20170830212052p:plain

2017年度入試の時点で、旧帝レベルの大学では軒並み自由英作文が課されています。入試で自由英作文を出題することによって、大学側は受験生に何を求めているのか、今回はそれを考えたいと思います。
 
 
 
 長文読解では主に下線部中心に読んでいけば、和訳したりその前後から理由・根拠・具体例などの材料が見つけやすい。東京工業大学では伝統的に長文のなかに短文英作文を出題するスタイルですが、これも文章中にヒントになる語句や表現、構文がひそませてあることがあって、受動的な取り組みでもなんとかなります。センター試験と同じで、出された問題をどこまで適切に(しかも所与時間内に)処理できるかというスキルが求められているといえるでしょう。たとえるなら出された料理をいかに美しく時間内に完食できるか、でしょうか。
 
 
 
 
 自由英作文においては、テーマや発想のヒントになる材料は提示されますが、それらをどう料理して答案という一品に仕上げるかは完全に受験生側の裁量です。出された材料を能動的に組んでいかないと、作業が進みません。意識的に全体の流れをかたちづくりなおかつ細部(一文ずつ)のミスも無いよう英文化していく。全体の内容は無理な流れがなく説得力を備えていないといけない。問題に答えるというよりも、問題に応じて解決策の一つを作り出せるかどうかというスキルが求められているといえるでしょう。たとえるなら、オムライスを作るにはどうしたらよいか聞かれて、材料の選別と入手法、調理の段取りを考えていくことでしょうか。
 
 
 
 大学4年間は、モラトリアムでもないし遊んだりバイトに精を出す期間でもありません。かつてはそうだったかもしれませんが、今からは違います。奨学金返済の問題は若年層に大きな影を落としていますが、「バイトして返す」と考えるのは甘い見通しではないかな、・・・と批判覚悟で書きます。もとより大学での時間を削ろうとするのが本末転倒なのだと思います。学士4年間のうちに、受け身の期間が長かった高校までの「学び」を能動的な「学び」に体質改善していくこと。就職するならなおのこと、自分がそれまでに蓄えてきた知識・スキルをアウトプットできる状態にしていくこと。その下地になる意識的な姿勢が存在するかどうか、おそらくこれが自由英作文出題で探られているものではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 自由英作文の答案作成は、たくさん考えられるアイデアのなかからこれと一つ決め、材料を吟味して自分が最適だと思える解、少なくとも納得できると思える解を出すという、とても深いところから生じる能力が必要です。難しいことかもしれないけれど、それだけに書き慣れていくうちに手ごたえを感じて嬉しくなれるでしょう。
 
 
 おそらく、今後の人不足社会においては、「指示待ち人間」を飼っておけるゆとりは無くなるでしょう。みずから全体を見て流れをつかみ、上司や同僚と問題の発見・解決に動ける。そんなスキルを持つ人が「人材」となる環境になるでしょう。受験の場で、自分はその素質があるということを答案上でアピールしたいものです。複雑なことを、いまの受験生は要求されているのだということを理解しておきましょう。
 
 
大学受験に特化した自由英作文の添削サービスをお探しならこちらへ。

日本人予備校講師による細かい添削だから、合格レベル最短ルートです!
 
 
 
 
 
 
 

 

 


にほんブログ村