自由英作文から逃げられない時代

受験生と、受験生を支える人を応援してます

「見切り」は完全悪じゃない

                                        f:id:happy_money:20170824200732j:plain 

 

 大学受験においてはどこかで「見切り発車」が必要です。そもそも出願という行為そのものが不確定要素を多分に含んでいるのですが、それよりもっと手前の段階から様々な見切り発車の状況が発生します。
 
 
 
 
 受験生本人にしてみれば、文理選択に始まり理・社の科目選択、さらに国公立大を受けるか私大かで入試に必要な教科・科目が異なり、国公立大を受けるにしても二次で用いる教科・科目の選択・・・もちろん「自分がやりたい勉強ができる大学」探しのためという観点も必要ですが、「その教科・科目をどこまで自分のモノにできるか、いつまで付き合って勉強できるか」という到達度の観点も必要になります。
 
 
 
 よく受験サイトで大学研究の重要性が説かれていますが、それは学部・学科を調べることだけではありません。前期試験・後期試験それぞれで、自分の受けたいところがどの教科・科目を要求してくるのかを面倒がらずに調べてリストにしておきましょう。
 こうした賢戦略のために割く時間を軽視する人は、よく言われるように受験の場でも「行き当たりばったり」の行動に走りがちですので、現時点の得意・不得意にこだわりすぎず、落ち着いて正確なデータを集めてください。
 
 
 
 そして秋以降の模試の成績推移を考慮して、どこかで「決断」しなくてはいけません。たとえば、東京大学を受験したいが、世界史と地理を二つ、高いレベルで持ち続けるのが苦しくなってきた・・・こうしたときに受験生本人が下す「見切り発車」は

(1)とにかく最後まで二つ持ち続ける  か

(2)現実的に志望変更して使い勝手のよさそうな世界史を残す   

このどちらかだと思います。
 
 
 そのどちらを選んだとしてもこれは受験生本人の感覚から出した「判断」ですので、どちらが良い・悪いということは絶対にありません。そして志望変更が負けだと言う権利は誰にもありません。そんなことを言う人ばかりの社会はとても硬直していて意思決定が頑ななバイアスに寄ってしまいそうです。受験生本人にも、そう思わないですむように後悔なくしなやかに勉強していってほしい。他者と無意味な比較をしないで自分のためだけの受験に、メンタル強くして取り組んでいってほしいです。

 

 

大学受験に特化した自由英作文の添削サービスをお探しなら、

「自由英作文 添削 パワー」で検索してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

英作文訓練に添削が必要である「本当の」理由

 

                                               f:id:happy_money:20170822203906p:plain

 「ピアノ、うまくなったね」と評価してくれるのは、練習している本人ではなく先生や聴衆です。同様に、「自由英作文がうまくなってきたね」と評価してくれるのは、書いた受験生本人ではなく添削のため読んだ先生です。もっといえば「この受験生は英作文がしっかり出来ているな」と最終的に評価してくれるのは、一度も会ったことなどない、大学側の採点者です。
 
 
 
 
自由英作文は音楽や体育と同様、知識ではなく技能が求められるので、受験生が独りよがりで書いて満足していても技能の向上が望みにくい。つねに、自分の書いた答案を客観的に読んでもらい「自分の言いたいことがその通りに伝わっているのかどうか」を判断してもらう必要があります。
 
 
 
・・・ここまでは、たいていの英作文学習サイトにある主張。これからはさらに踏みこんで、「添削してもらって、その後どうするのか」について書きます!
 
 
 
自分の書いたものを添削してもらって、返却されたら必ず見直しをしましょう。ここで見るべきなのは「直された英文」のところよりむしろ「なぜ直されたか」です。先生によっては、生徒が自分でその理由を探せるように英文を修正するだけの方針の方もいらっしゃるでしょうが、やはり修正の必要性を書き加えてくださる先生の方が対応としては望ましいです。
 
 
 
そんな方針の先生であれば、文法上のミス(単複ミスだったり態ミスだったり)や、より良い表現の提案も指摘されていることでしょう。添削が返却されてきたら、添削してくださった先生の客観的な視点を頭にたたきこむことが大事。「自分の書いたものがこんなに朱入れされて恥ずかしい/ムカつく」のは最悪のアフターフォローです。恥ずかしかったりムカついたりしたのなら、なおさら「二度とこんなミスはしない、次回はもっと論理的明快さをもって書けるように注意しよう」を気を引き締めていきましょう。

 

 

この添削システムの繰り返しが、いずれ受験生側のマインドセットとして、「この書き方で第三者(採点者)に伝わるか?もっとわかりやすい表現はないかな?」と書きながら自らに問い続けることができ、答案作成力のレベルアップが叶います。

 

 

 指定語数を埋めるだけで精一杯・・・では合格は難しいでしょう(涙) 
 

 

 

大学受験に特化した自由英作文の添削サービスをお探しなら、「自由英作文 添削 パワー」で検索してみてください。大学受験を熟知した予備校講師が読み、修正します!
 
 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

「最後は自分の言いたいことを繰り返す」のはアリなのか?

 

                                      f:id:happy_money:20170821183525j:plain

 

以前のエントリーで「指定語数の制限内に収めることも実力」と書きましたが、語数を稼ぎたいばっかりにそしてネタ切れも起こしてしまい、文章の最後に"So I agree that ~"(that~以下は冒頭に書いた一文を移植)繰り返すというのは得策ではありません。むしろ回避すべきです。

 

  

答案での自由英作文にはひとつの流れを作らなければなりません。冒頭の主張からそれを裏付ける具体例の陳述へと続き、そこから次の視点へと移っていくという方向性が存在すべきです。せっかく主張を支える根拠まで明確にしたのに冒頭の一文を繰り返すことによってまた論理をスタート地点に戻すようなマネをしてはいけません。論理性が弱くなり説得力も失われます。

 

 

たとえば「高齢者は運転免許を自主返納すべきかどうか」に対して賛成の立場で述べるとしましょう。

   高齢者は運転免許を自主返納すべきだと思う
     

   本人がどんなに注意していたとしても、加齢による認知力低下

   は事故につながる可能性を高める。運転手だけでなく他者も巻き込んで

   しまう事故がすでに多く報道されている。

     
   ??? だから高齢者は運転免許を自主返納すべきだ ???

こう書いてみると、冒頭にまた戻ってきた・・・ということがよくわかり、尻切れトンボ感が半端なく感じられるでしょう。残念な論理展開の見本です。

 

 

 

こういう時は、次の視点、たとえば自主返納した際に生じる次の課題を提示して論理を一歩さきに進めましょう。「クルマを運転できなくなったら移動の手段がひとつ失われるので、バスやタクシーの料金を引き下げるための政策が必要になってくるだろう。」あたりがよいでしょう。

 

せっかく用意された指定語数なのですから、合格につながるよう有効に使いたいものですね。

 

大学受験に特化した自由英作文の添削サービスをお探しなら、

「自由英作文 添削  パワー」で検索してみてください!

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村